05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【アニメ】 正直コレはどうなのよう(´・ω・`)

2014年02月08日
ご存知の方もいらっしゃると思いますが
先日ナムコのレトロゲーム『ワンダーモモ』が
アニメ化されました。

323954_7bed22.jpg

で、先行放送をちょっと見た私の感想
(あくまで私個人の感想(強調))ですが……

どうした雷電?顔色が悪いぞ

でした。
ぶっちゃけ見続ける気は現状全くありません。
取りあえずこの状態でアニメ化許可したバンナムの
担当者さんとか責任者さんはワンダーモモとベラボーマンを
1コインクリア達成した後にナムコクロスカプコンをクリアするまで
不眠不休でプレイし続け、
その後、ワンダーモモのコスプレをして秋葉原を練り歩き
お巡りさんに職質かけられてきて下さい。


アニメ化の元はゲームの2次創作?であるアメコミらしいのですが
まあ、アニメ化じゃなければここまで反感は覚えませんでした。
ですが公式となったら話は別。

特に問題なのは原作者でありアニメのプロデューサーである
ロブ・ペレダ氏の

『アニメの主人公・神田モモコの父親はベラボーマン』

という発言とこのアニメの主人公・神田モモコ役の声優さんの演技力。

まず発言に関して問題視している理由ですが、
まず最初に簡単にご説明致しますと父親とされているベラボーマンは
ナムコのレトロゲーム『超絶倫人ベラボーマン』の主人公。
で、その正体は超変身物質と銀の力(100円玉)でベラボーマンに変身する
保険会社に勤めているサラリーマン・中村等という29歳の男性なのですが…

この中村さん、公式設定でちゃんと妻子がいます。
ゲームのエンディングにも登場します。


ですがアニメでは初代ワンダーモモである神田桃と結婚。
原作であるゲームの設定を完全に無視です。
モモコが2代目ワンダーモモなのは良いのですが
中村さんの件は昔から知っている私にとって許容しがたいものが(´・ω・`)
まあ、パラレルワールドという考え方もありますけど。
アイドルマスターゼノグラシアみたいに。

そして主役の声優さんの演技ですが………残念過ぎる。
正直アニメを見て内容で視聴を切る事はあるのですが声で視聴を
切る気になったのは個人的にはかなり稀です。==;
声を演じている藤原侑香さんは新人声優で元(今も?)
グラビアアイドルなのだとか。
ふむ、新人さんなら慣れていなくても致し方なしとも
思わなくもないのですが失礼承知であえて言わせて下さい。

同じ新人でも他に誰か上手い人いなかったの?

起用理由は新人でユーモラスだったからだそうですが
本当に何故この演技力で起用されたのか謎です。謎過ぎます。
声優さんや演技力に詳しくない私から見ても謎です。
どこかからゴー○キー並みのごり押しがあったのかと
勘ぐってしまいます。

まあ、2話以降色々良くなっていると良いですね。

私は見ませんけど。私は見ませんけど。
(大事な事なので2度言いました)

アニメ・コミック・同人・小説 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。