06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【まとめ】 2013年の出来事 5~8月

2013年12月29日
今日から冬コミですが皆さんはご参加されたでしょうか?
いろいろと表現の規制が強まる風潮がある昨今ですが
あまりに過度な規制は勘弁して頂きたいもの。

昔、漫画やアニメは有害であり製作・所持・閲覧は犯罪だと
法律が変わってしまった世界のお話を読んだ事がありますが
現実にそうならないで欲しいですね(´・ω・`)

さて、気を取り直して今日のブログでは予告通り
2013年5月から8月までに起こった出来事を簡単に
記載していきたいと思います。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【5月】


 9日 4月23、24日に訪中した川口順子環境委員長が24日になって
     25日の会合に楊国務委員(外交担当)が出席することが判明。
     川口氏は急遽所属党の自民党に帰国延期の連絡を取り了承されたが、
    自民党から野党に帰国延長を申し出たものの認められず25日の
    参院環境委員会は委員長不在のため流会になった。

    この委員会中止の一件に対して野党7党は
    「委員長である自覚が無く国会軽視だ」として川口氏の
    解任決議案を提出。参院本会議は午前に川口氏の解任決議案を採決し
    野党の賛成多数で可決した。
    衆参両院を通じて常任委員長の解任決議の可決は初めて。

    解任された川口氏は「野党に国益を判断する能力が無い」
    「誠に理不尽」と野党に対して批判的なコメントを語る。


15日 原子力規制委員会は高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で
    約1万個の機器の点検漏れがあったことを重視し
    原子炉等規制法に基づいて運営元の日本原子力研究開発機構に対して
    運転再開に向けた準備(使用前検査)見合わせるよう命じることを決定。
    日本原子力研究開発機構は再三にわたり点検漏れが指摘されてきたものの
    是正できていなかったため「安全文化が劣化している」と判断された。
    これにより事実上同施設の今年中の再稼動は不可能となる見通し。


18日 北朝鮮が短距離の地対地ミサイルを日本海に向けて3発発射したと
     韓国メディアが報道。
     午前に2発、午後に1発、いずれも北朝鮮領海内に落下したことから
     韓国国防省当局者は警戒と調査を強めるとした上で今回の発射は
     「訓練か試験発射とみられる」と発表した。
     
     翌日19日午後、北朝鮮が東部の日本海沿岸部から
     北東方向の海上に短距離ミサイル1発を発射。
     更に20日の午前中に1発、午後に1発発射された。


23日 日本時間23日午後0時15分、冒険家の三浦雄一郎さんが
    史上最高齢80歳でのエベレスト登頂成功を達成。
    スキー事故による骨盤骨折や持病の不整脈、手術を乗り越え
    2003年(70歳)、2008年(75歳)に続き
    3度目の登頂成功。
     

25日 日本原子力研究開発機構が所管する茨城県東海村にある
    J(ジェイ)―PARC(パーク)の原子核素粒子実験施設で
    実験中に設備の誤操作により放射性物質が漏洩。
    施設内の放射線量が規定値の10倍に達し、放射線量を薄めようと
    換気を行ったため放射性物質が管理区域外へ漏洩。
    研究者30名被爆。が被爆線量は1.7mSv。

    しかし、汚染は管理区域内であり管理目標を下回っていると
    誤った判断をしてその後も4時間にわたり実験を続行。     
    加えて事故発生から県への連絡は事故発生から33時間後だった事、
    高速増殖炉もんじゅの一件で改善を表明した危機管理に対する姿勢が
    杜撰なままだったという実態を露呈した事などから茨城県・東海村・
    文科省などが同機構への不信感を高まらせた。  

    
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【6月】

 4日 今年3月4日に京浜東北線上中里駅に近接する
    西ヶ原研修合同庁舎(仮称)建設予定地にて埋蔵文化財発掘調査を
    行っていたところ旧日本軍の不発弾1個
    (直径約10cm×長さ約40cm)を発見。
    本日11時から14時までの間、現地にて爆破処理を行うため
    東北・上越・長野・山形・秋田新幹線、京浜東北線、
    湘南新宿ライン各路線で終日・一部運休が行われ、
    新幹線は一部列車を除き大宮駅を始発・終着駅として
    大宮駅⇔東京駅間を運休とした。

    不発弾処理のために新幹線と在来線の上下線合わせて
    150本が運休するのは過去最大級の処置で最終的に約9万人に
    影響が出たと予測されている。


12日 総務省キャリアの水野靖久復興庁参事官が昨年ツイッターで
    避難区域が残る福島県川俣町の町議会全員協議会に参加した際の事を
    『田舎の町議会をじっくり見て、余りのアレ具合に
    吹き出しそうになりつつ我慢』
    とツイート。今年3月衆院議員会館で市民団体が開いた集会に
    復興庁側の責任者として参加・状況説明した際の事については
    『左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席』と
    市民団体を罵倒する内容をツイート。
    更に翌8日には『今日は懸案が一つ解決。正確に言うと、
    白黒つけずに曖昧なままにしておくことに関係者が同意』と、
    課題の先送りを歓迎するかのような内容をツイートしていた事が発覚。

    この問題で13日に谷公一副復興相が水野靖久復興庁参事官を
    福島県の被災者支援担当から外す事実上の更迭処分にし、
    今後、事実を確認した上で法に基づく処分を検討すると発表。
    根本匠復興相も14日に陳謝した。


13日 日本野球機構(NPB)がプロ野球の統一球を
    飛びやすいように変えながらその事実を否定し、球団や選手、
    ファンに公表せず事実上隠蔽していた問題が発覚。
    
    加藤良三コミッショナーは会見で『自分は知らなかった』
    『これは不祥事ではない』と自身の関与と辞意を否定。
    一方、下田事務局長は事実を認め15日以降に各球団へ赴き
    事情説明を行った後辞任する意向を表明した。  

    この件により選手、監督ら現場から続々と不満や憤りの声が上がり
    ニュースで知った一般の野球ファンからもNPBに対し抗議の
    電話やメールが殺到。
    特に加藤コミッショナーの言動に対する批判が激しく責任を問う声が
    高まったためか14日の臨時会議後の会見で加藤コミッショナーは
    公表しなかった事を猛省するとしながらも
    『統一球の変更は昨日の会見直前まで本当に知らなかった』
    『野球を少しでも良くする方向で考えている』
    と改めて辞任を否定した。

    その後、NPBの依頼で統一球を製作したミズノに統一球の変更を
    口外しない様に口止めしていた事が発覚。
    加藤コミッショナーとNPBに対する非難が更に高まり、
    9月10日、加藤コミッショナーが東京都内で行われた
    オーナー会議で統一球問題の責任を取って今季のレギュラーシーズン
    終了後に辞任する意向を表明。


21日 今月16日に福島県いわき市の小名浜港から小型ヨットで
    太平洋横断を開始したニュースキャスターの辛坊治郎さんと
    全盲セーラーの岩本光弘さんが同日午前、宮城県・金華山の南東
    約1200キロで遭難。
    同日夕方に救難信号を受け捜索していた海上自衛隊の救難飛行艇に
    救助された。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7月】

 1日 物価高騰や物資不足、高い失業率による生活苦とイスラム色の濃い
    新憲法の強行承認などエジプトのモルシ大統領の独裁化により大統領の
    更迭を求める貧民層の国民や反モルシ派による抗議デモが激化。
    事態の更なる激化を懸念したエジプト軍がモルシ大統領に対し
    事実上の辞任勧告をするもモルシ大統領はこれを拒否。
    
    4日、エジプト軍はモルシ大統領の権限を剥奪し拘束・解任すると共に
    ムスリム同胞団の幹部数百人を逮捕。
    同時に軍は最高憲法裁判所長官のマンスール氏を暫定大統領に就任させ
    事実上の軍事クーデターを起こした。
    しかし、モルシ前大統領支持派や支持母体のムスリム同胞団が
    これに反発。支持派と反支持派の全面対立が激化し死傷者が多数発生。
    以降も治安悪化が長期化する事態となる。


 7日 米西部カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で
    6日午前11時半ごろ(日本時間7日午前3時半ごろ)、
    韓国仁川国際空港発のアシアナ航空214便ボーイング777旅客機が
    着陸に失敗し機体後尾が衝突により分解。
    そのまま滑走路から外れて炎上した。
    
    市消防局によると乗客の中国人2人が死亡、182人が負傷し、
    うち49人が重傷。
    
    この件に関し韓国の総合編成チャンネル「チャンネルA」の
    キャスターが番組内で
    「死亡者が中国人であるため私たちとしては幸い」
    という趣旨の発言したことが国内外で問題となった。


 9日 東京電力福島第1原発の吉田昌郎元所長が午前に死去。享年58歳。
    吉田元所長は東日本大震災発生直後に発生した同原発事故の現場で
    対応に当たった。
    2011年12月1日付で食道癌療養のために所長職を退任し、
    本店の原子力・立地本部事務委嘱の執行役員に変更。

    本店からの海水注入中止の命令を無視して注入を継続するなど
    現場判断で対処に当たった事が評価されている一方、
    政府の事故調査・検証委員会の調査により誤認や防潮堤のかさ上げに
    反対、予備電源の燃料タンクを海岸沿いの原子炉建屋横に放置など
    放射線被害を拡大させた張本人の1人として福島原発告訴団が
    東電役員等33人を業務上過失致死傷と公害犯罪処罰法違反の疑いで
    刑事告訴した33人の中の1人になっていた。
    

21日 参議院選挙・投開票。
    投票の結果、自民党が65、公明党が11議席を獲得し与党の大勝となる。
    また、原発廃止を訴え東京選挙区から出馬した無所属の山本太郎氏が当選。
    『24時間死ぬまで働け』など問題発言をしていた自民党比例区出馬の
    ワタミ元会長・渡邉美樹氏も当選した。


22日 東京電力が今まで否定していた汚染された地下水が海に流出した
    可能性について一転して流出を認める。
    推定流出量については「解析が必要」として現時点では不明とした一方、
    漏洩元の汚染水から1リットル当たり23億5000万ベクレルの
    超高濃度放射性セシウムを検出したと発表。
   

 同日 午後4時24分、イギリスのウィリアム王子、キャサリン妃の
    第1子が誕生。王位継承権第3位で性別は男性。
    将来の国王誕生にイギリス中が沸く。

24日、英王室は誕生した王子の名前を
    『ジョージ・アレクサンダー・ルイ』と命名したと発表。


23日 人口14人の集落・山口県周南市金峰(みたけ)地区で
    21日から連続放火殺人が発生。殺害された5人の頭部に
    外傷があった事から殺人事件と断定。
    以前から被害者の1人とトラブルがあった同地区に住む
    64歳の男性を重要参考人としたが男性は行方不明。
    
    山口県警は200人体制で男性の行方を捜索すると共に
    付近住民に対し安全確保のため公共施設への避難を呼びかけ
    4世帯7人が避難した。

    26日午前9時頃、集落から1km離れた山中で
    行方を捜していた重要参考人の男性を発見し身柄を確保。
その後、犯行を認めた事から被疑者氏名(保見光成)を公表。


24日 スペイン北西部のサンティアゴ・デ・コンポステーラで
    スペイン国鉄の高速鉄道が脱線。
    乗客200名のうち約80名が死亡。100名以上が負傷した。

    事故当時、列車は制限速度80km/hのところを
    約190km/hで走行。
    カーブを曲がりきれずに脱線したと見られる。


28日 韓国・ソウルで行われたサッカー東アジア・カップ
    男子日本対韓国戦中に、韓国側観客席で
    『歴史を忘れた民族に未来はない』とハングル語で記載された
    横断幕などが掲げられる。
    
    応援時の政治的主張を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)の規定に
    違反する疑いがあり日本サッカー協会は東アジアサッカー協会に
    抗議文を提出。
    韓国側も日本の応戦サポーターが試合開始時に旭日旗を一時掲げたと
    FIFAに提訴する構え。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【8月】

 8日 気象庁が16時56分頃に奈良県でM7.8、
    関西で最大震度6弱から7程度の地震が発生すると緊急地震速報を発令。
    各メディアで強い揺れに警戒するよう注意が呼びかけられ、
    緊急地震速報を受信した新幹線が自動停車するなどしたが
    実際には和歌山県北部を震源とするM2.3の地震(無感)で
    震度1以上は観測されなかったため
    緊急地震速報の過大な予想が原因の誤報だったと訂正。
    緊急地震速報はこれまでも誤報があったが
    今回は過去最多の34都府県が対象になった。
    
    同日18時20分頃に気象庁が記者会見を行い、
    謝罪と共に誤報の原因が和歌山県北部の地震の発生と同じタイミングで
    三重県南東沖の海底地震計のノイズを地震の揺れとして
    取り込んで計算したことによるものと説明した。


12日 高知県四万十市で同日午後1時42分に気温41.0℃を記録し
    6年ぶりに国内最高気温の記録を更新する。


15日 京都府福知山市音無瀬橋下流の由良川河川敷で行われた
    福知山花火大会に出店していた屋台が爆発炎上。
    重体・重傷者19名を含む59名が負傷。花火大会は中止となった。

    爆発の原因は火元とみられる屋台の店主が発電機を作動させたまま
    携行缶からガソリンを投入しようとしたためとみられる。

    後日、全身火傷の重傷で病院に搬送・入院していた
    小学5年生の男児ら見物客3名が死亡。


18日 午後4時31分、鹿児島市の桜島の昭和火口で
    中規模な爆発的噴火が発生。
    噴煙は火口から約5千メートルまで上昇し昭和火口での
    観測史上最高度を記録した。
    桜島の爆発的噴火は今年500回目。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【時期不確定】

7月下旬~ ネット上(主にツイッター)にてバイトの店員や客が
      迷惑行為・犯罪行為を行った様子を撮影・掲載する事案
      (いわゆる『バカッター』)が多発。連日炎上騒ぎとなる。
      被害を受けた店が休業処置を取らざるを得なくなるなどしたため
      多発する迷惑行為に店側も店員に対して迷惑行為を行わない等の
      誓約書へのサインを急遽求める他、警察に被害届けを出したり
      損害賠償請求など厳しい対応も検討・実施し始めた。
      

8月中旬~ 今年3月から続いているシリアの内戦で首都ダマスカス近郊で
      再び化学兵器使用され数百人が死亡した疑い。
      アメリカのオバマ大統領はアメリカ独自調査でシリア政府が
      サリンを使用した証拠があるとして国連での承認なしでも
      軍事行動を行う用意があるとして準備を進めるも
      国内外からの軍事行動への反発が強まる。
     
      9月9日、ロシア政府がシリアの化学兵器を国際管理下に置き
      廃棄することを提案。アサド政権は提案を歓迎。
      アメリカは実効性を疑問視しつつも提案受け入れを評価し
      軍事行動実行準備を中断。
      
      9月14日、アメリカはロシアとシリアの化学兵器を
      2014年半ばまでに廃棄させる枠組みで合意。
      アメリカによるシリア軍事攻撃はひとまず回避された形に。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


…と、5~8月のニュースをまとめて見ましたが如何だったでしょうか?

東電関連のニュースが多いのは相変わらずですが、
やはりこの時期のニュースで記憶が強く残っているものは
福知山市の花火大会の際に発生した爆発事件ですね。
危険は思いもよらないところにあると痛感した記憶があります。

反面、良かったニュースはイギリスで新皇太子誕生と
冒険家の三浦雄一郎さんが史上最高齢でのエベレスト登頂成功。
暗いニュースが多い中、本当におめでたい出来事でした^^


そんなこんなで明日のブログでは9月~12月30日までの出来事を
記載したいと思います。(・w・)

日記・その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。