07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【ニュース】 千葉県の中学校で体罰。校長が隠蔽指示><

2012年01月19日
今日はこちらのニュースをご紹介させて頂きます。( ´・ω・`)つ

<教諭処分>体罰で重傷 「生徒同士」指示の校長も 千葉
(毎日新聞)


野球部顧問の体罰で生徒重傷、校長が口止め
(読売新聞)


記事によりますと千葉県木更津市立のある中学校の野球部で
顧問の男性教諭が部員の生徒に体罰を加え骨折など2ヶ月の重傷を
負わせただけでなく連絡を受けた出張中の校長は教頭に対して
『病院では仲間とふざけてやったと言わせるように』と隠蔽を指示。
学校からの指示で被害生徒に付き添っていた養護教諭が
生徒に対して口止めを行ったとの事。

その日のうちに保護者と市教委へ体罰があった事を伝えたが
市教委は『両親と生徒が処分を望んでいなかったから』と
県教委への報告義務を怠り、調査した県教委も暴行を行った教諭と
校長に対して減給3カ月(10分の1)の懲戒処分を下したそうです。



被害生徒と暴行を行った教師の間で実際にどのようなやり取りが
あったのかは正確なところは判りませんが、
骨折を負わせる程の体罰を行った事は明らかに傷害罪・暴行罪容疑に
該当するでしょうし校長や学校が行った隠蔽の指示は
証拠隠滅・犯人隠避罪容疑に当たるかと。

そんな『犯罪容疑者』に対してなぜ県教委が減給という甘い処分にしたのか?
少し調べてみたところ千葉県は昔、厳しい校則を生徒に強いる一方、
授業で答えられなかったり反発的な生徒に対しては
日常的に罵声を浴びせたり体罰を加えるという
『学校が生徒・ひいては児童の家庭まで管理・支配する』
管理教育が盛んな県としてかなり有名だったとか。
現在では改善されてきていると言われているものの未だ日常的に
体罰が行われていたり校長を頂点として学校や教師を至上とする様な
風潮があるそうです。

教師や校長・学校・教育委員会自体に問題があるのは当然ですが
長年千葉県で日常的に行われ今なお残るこの風潮が暴行と隠蔽、
そして軽い処分を簡単に行った原因の一端である可能性はあると思います。

もちろん千葉県には普通に常識的な教師も多くいると思います。
(事実校長の理不尽な命令や管理教育に異論があった教諭が
校長によって不当な待遇や人事をされたというケースもあるそうですし)
反面、昨年千葉県の教育者の不祥事では体罰に麻薬使用に猥褻容疑など
教育者どころか人として失格な方々が多かった様子。

お世辞にも人に説教出来る程立派な人間とはいえない私ですが
管理教育云々を除いても暴力や横暴を恥ずかしげもなく行う方々は
教育者どころか人としてどうなのか?と思わずにはいられません。

日記・その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。