08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【動画】 初秋の夜長に怪談はいかがでしょうか…?

2011年10月05日
プレイ中の碧の軌跡も昨夜第2章とインターミッションを終えて第3章に突入。
今作が何章まであるのか判りませんが前作の経験から
恐らく後半に入ったと思われます。

それぞれ様々な苦悩を抱えつつ前作以上の『壁』に立ち向かう特務支援課の面々。
多くの謎と波乱を含んだ混沌の渦に巻き込まれつつロイド達は
どの様な結末を迎えるのか……?
後半(多分^^;)も楽しんでプレイしていきますっ(`・ω・´)ノ

あ。ちなみに1週目は取り合えずエリィ狙いで。
ちなみにネタバレになっちゃいますがエリィで調理をした際の
『なにかしら、これ』発生率は前作以上かもしれませんw


さて、そんな碧の軌跡以外に現在はまっているものが。

正確には以前から数作拝見させて頂いていたのですが
最近、文章読み上げソフトで怪談を読み上げた動画
『ゆっくり怪談』系にはまっております。

今回は恐らくどれも有名かと思われますが、
その中でも『これは凄かった、怖かった』と感じた
作品をご紹介させて頂きます。

まずはこちら。













全部で再生時間約40分×3話という長編の怪談。
大学生3人が海の民宿で泊り込みのバイトをした際にふとした疑問と好奇心から
首を突っ込んでしまった事で人外の恐怖と人の狂気・執念を体験した作品です。


続いてこちら。





上記のリゾートバイトと同じくめんちさん製作の
『たんたんと怖い話をする』シリーズの1作。

日々荒れた生活を送っていた中学3年生の少年3人組の1人が
自分の母親を痛めつけ激怒した父親に挑発されるがままに
仲間の2人と共に地元の立ち入り禁止場所へ踏み込み荒らした事によって
遭遇した恐怖体験を読み上げた作品です。


最後はこちら。









以前このブログでご紹介させて頂きました
『怖い話朗読・ゆっくり怪談』の第8話。前・後編です。

名前を伏せられておりますがPSソフト『コワイシャシン』の
製作で行われていた『除霊前』の本物の心霊写真を使っているばかりか
ゲームの演出や難易度のために霊を増やしたりするなど
霊を冒涜しているかの様な作業とその影響からか続々と発生した
怪奇現象の恐怖が語られた作品。


上記3作品が本当にあったのか、
はたまた創作・噂なのかは判りませんが言える事が1つ。

君子危うきに近寄らず。

ですね^^;

好奇心の赴くままに曰く付きの場所に行ったり
まずい事を試したりするなどのフラグを立てずに
動画やネット、本など間接的に楽しむのが良いのかも知れません。
今回ご紹介させて頂いたお話の様に誰かが助けてくれるとは限りませんし。

尤もこちらから出向かなくとも『人ならざる者』や
『生きている人の狂気・悪意』が自らやって来る事も
あるかも知れませんが・・・。lω・`)


あ、ちなみに私は昔入院中に生首見たことあります。
まあ、見間違いでしょうけど。うん、そうに違いありません。==;
動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。