09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【MUGEN】 リュウが咲く! 27?2

2010年10月22日
昨日から報じられている通り奄美大島で大雨による大災害が発生。
何でも10月の総雨量の3倍の降雨量だったため排水量が
許容値を越えてこの大水害に至ったそうで、
現在も一部地域では土砂崩れ・崩落のため道路の寸断していたり
停電や電話回線の切断により連絡が取れない影響から
被害状況の全容が把握出来ていないため復旧の目処は全く立っていない
状態が継続中との事。

犠牲になられた方とそのご遺族の皆様に対して
哀悼の意を表すと共に、避難されている方のご無事と
2次被害防止を心より願い、お祈り致します。

それにしても台風に慣れている奄美大島で
台風直撃でもないのにこの大惨状……。
本当に自然の強大さと恐ろしさを痛感せずにはいられません。


閑話休題


さて、今日のブログはいつも拝見させて頂いている
MUGENストーリー動画『リュウが咲く!』の新作

リュウが咲く! 27?2 【風の拳】

をご紹介させて頂きます。






殺意の波動克服のためオロチの力に干渉するリュウと紫。

しかし、最初から自分自身を犠牲にしてリュウの中の殺意の波動を
消し去ろうとしていた紫に気付いたリュウだが、
紫はリュウを結界内に閉じ込め作業を強行する。

その時聞こえた父・豪鬼の声により自身の手で殺意の波動に
打ち勝つため紫の結界を破壊したリュウは、
紫に感謝と自分の意思を伝え自ら進んで殺意の波動の中に飛び込んでいく。


リュウが消えた理由を皆に説明した紫は
『外からは無理でも殺意の波動の内側からなら打ち消すことが
出来るかもしれない』
と可能性を示唆しながらも、
『その場で力に呑まれたら二度と元には戻れない』
とリスクの大きさを語り、そんな紫の説明を聞いていた咲夜は
ショックを受けつつもDIOに忠告された通り最悪の場合
妹である自分はどうするのかを考え始める。


その頃、殺意の波動の中のリュウは『もう一人の自分』である
『殺意の波動』から今まで押し殺し目を背け続けていた
憎悪などの『負の感情』を突きつけられていた……。



という事でリュウの殺意の波動克服編の第2話。
いよいよリュウが自分自身の『影の部分』と向き合う時が、
追い続けた父・豪鬼を超える時がやって参りました。


『殺意の波動』とは何か?
目を背け続けていたもう『一人の自分』に対して
リュウはどの様な答えを出すのか?
そして殺意の波動に打ち勝つ事ができるのか?


皆さんも是非このリュウが咲く!の大きなテーマの一つである
『殺意の波動』とリュウの結末をご覧下さいませ。


いや?、本当にいい最終回d……

(=○ ̄□ ̄)=○)-3-) まだ終わらんよ!!


七夜の問題に続きリュウの問題(殺意の波動)が
これで一応解決しましたので残す問題と言うかテーマは
オロチ関係、恭介&白レン、紅魔館(と言うかレミリア?)。
それと場合によってはハワコネ一家もでしょうか。

次回からは新章の第28章がスタート。
ラストに出てきたあの人物の言葉も気になりますし
今後も見逃せません!( `・ω・´)ノ

MUGEN | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。