09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【病気】 快復にまた一歩前進

2010年09月17日
一昨日だけではなく
昨日もアクセス数が1000Hitを突破。
今日も19時現在で870Hitを超えております。


本当に嬉しいやら粗末な記事が僅かでもお役に立てているのか
不安やら複雑な心境ですが、
ご来訪下さいました皆さん本当にありがとうございました。
願わくば記事が皆さんのお役に立っておりますように^^;



閑話休題。


今日は心療内科の定期診察日ですので地元の心療内科へ通院。
診察の結果はかなり良好との事でした。

私も主治医に言われてからそう言えばと気が付きましたが
胃の激痛や諸症状が酷かった7月下旬から8月中旬頃は
いつ胃の激痛が起こるかと緊張と不安でまともに外出できない有様でした。

それがまだ時折僅かな胃痛があったりするものの、
今は不安感や緊張感はかなり弱まり問題なく外出できています。

その点だけでも最初にこの心療内科を受診した頃と比較して
本当に良くなって来ているのだなと実感できました。


今後の治療課題と言うか方針は下記の3つ。

・不安感や緊張感がピークに達する前に自分で
 『こうしたら不安感や緊張感が弱まる』という
 投薬以外で沈静化させる条件と言うかパターンを見つける。

・症状の良好化にあわせて薬の処方を変えたり
 量を変更したりする。

・持病の関係や季節の変わり目には体調を崩しやすい事からも
 引き続き療養重視。



特に最初の方針は胃の激痛が起こった際に痛みを
沈静化させる効用がある薬は効用の強さや胃への影響の関係で
服用を出来る限り避けたいという事情があります。


確かに胃が悪くないのに痛みを抑えるため
胃の働きを無理に止めるのですから薬を多用していると
今度は本当に胃が悪くなり兼ねません。

ただ、『沈静化のパターン』というものは個人個人によって
違うものなのだそうで。
もちろん不安感や緊張感が強くならない事に越したことはありませんが
今後そんな状況になった場合色々と実践してみたいと思います。
思い付くのは休んだり眠ったり音楽を聴いたりするくらいですけど。


次回定期診察予定日は特に問題が無ければ約3週間後。
次の診察まで少しでも良くなっているようにしたいものです。

日記・病気 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。