07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【ニュース・病気】 多剤耐性菌感染拡大中

2010年09月09日
昨日は台風9号の影響が凄かったようですね。
気圧の高さから日本上陸前に熱帯低気圧とかに変わるかもと
思っておりましたがこんなにも大きな被害が出るとは…。

尤も台風が直接の原因ではなく台風の影響により
前線が刺激されてこの様な豪雨になったとか。
現在も物損、避難、負傷者が続出しておりますが、
今のところこの災害による死者は出ていないのが不幸中の幸いかと。

これからも台風シーズンは続きそうな予感。
皆さんもどうか気象情報などにはお気を付け下さいませ。



さて、今日のブログでは今更ですが毎日報じられている
こちらのニュースについて。

多剤耐性菌に関するニュース

続出している多剤耐性アシネトバクターや多剤耐性緑膿菌など
多剤耐性菌の院内感染多発問題。
私も持病の検診のため総合病院に通院し続けてもう十数年になり、
院内感染が起り得る可能性はあるとは知っておりましたが
まさか多剤耐性菌が院内感染するとは思いもしませんでした。

しかも多剤耐性菌は生命力が高く感染力の強さから
抵抗力が弱い持病がある方だけではなく健康な方にも感染する
事があるそうです。
更には入院直前の海外渡航歴がない方からも
この菌が検出された事、そして全国6割の医療機関にて過去
多剤耐性菌が検出されている事からから既に国内感染が拡大している
懸念もあるとか……。



ではこの菌に感染しない様にするにはどの様な対策があるのか?


現在、残念ながら新型インフルエンザの様に予防接種はなく
3食きちんとご飯を食べたり早めの就寝で体力の低下を防ぐ、
外出から帰宅後のうがい手洗い、ストレスをためない等の
インフルエンザや風邪の予防の様な対策しかないらしいです。


また、快復方法も『多剤耐性』の名前の通り風邪の際に処方される
抗生物質は元より救急治療の現場で『最後の手段』とされている
カルバペネム系抗生物質という薬でさえも効きませんが
菌の増殖を抑える薬の投与を受けつつ自然治癒を待つしかなさそうで。

しかし、感染後入院して上記の菌増殖抑制の薬の投与と自然治癒で
快復。退院された方いらっしゃいますのでどうか杞憂や悲観的に
ならないで下さい。


私も持病の関係で抵抗力は低いですので
杞憂にならない程度には気を付けたいと思います。
尤も多剤耐性菌感染の心配よりも今は心身の快復の方を
重視するべきかもですが^^;

日記・病気 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。