08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【列車】 新型車両・E6系が公開されたそうです。

2010年07月10日
地元秋田では久々の雨。
県内の一部では大雨洪水警報が発令されております。

私が住んでいる地域では大雨洪水警報が発令されていても
そんなに心配するような状態にはなっておりませんが
右足太腿の痛みで雨が降っていると外出できません。

せめて曇り空なら地元のTSUTAYAに行って
『にゃんこ THE MOVIE4』のDVDをレンタルしようと
自転車で行っていたのですが(´・ω・`)-3
ん?…。午後から行ける………かな??


さて、昨日宮城県にあるJR東日本の新幹線総合車両センターで
2013年春から導入される予定の秋田新幹線新型車両『E6系』が
報道陣に公開。昨夜から各メディアにて報じられております。

秋田新幹線新型車両 『E6系』

E6系・普通車座席

そのE6系の特徴としては

・現時点の最速である時速320キロで走行可能。
 秋田―東京間を15分短縮。
 (秋田―盛岡間は従来通り最高時速130キロで走行)

・座席は秋の田んぼをモチーフにした黄金色。
 通路床に稲穂が描かれている。

・座席には携帯充電などにつかえる電源コンセント、
 読書用のライトを設備。
 (コンセントはグリーン車と普通車の窓側・車端座席のみ)

・バリアフリー設備として車椅子のまま入れる
 多目的室と大型様式トイレを設備。



などなど。
個人的には東海道新幹線の様に公衆無線LANアクセスポイントも
備え付けて欲しかったですね。

まあ、新幹線に乗ることはかなり稀ですけど。

基本地元から東京へは寝台列車で行きますし、
盛岡や仙台へは高速バスや在来線で向いますので
余程の事がない限り新幹線には乗りません。

と言うか座席に備え付けられる電源コンセントや
公衆無線LANアクセスポイントは
寝台列車にこそ備え付けて欲しいものです。


ただ、一部では需要減少や老朽化、今年12月に東北新幹線新青森駅が
開業する等により寝台列車の廃止も検討されていました。
幸いJR東日本秋田支社は寝台特急『あけぼの(青森―上野)』に関して
『当面』存続の方針
を明らかにしたそうですが将来性を考えると
不安が残ります。(『日本海(青森―大阪)』に関しては不明)

運賃が比較的安くて、比較的早い時間に着く寝台列車は
これからも長く存続して欲しいものですね。
もしくはカシオペアの様にリニューアル…って
それだと運賃が割高になっちゃいますけどw

日記・その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。