07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【MUGEN】 Revelations 第12話

2010年06月11日
今日は予定通り秋田へ行って『涼宮ハルヒの消失』を観賞し
先程帰宅致しました。感想云々については明日にでも。


さて、それでは予告通り今日のブログは
MUGENストーリー動画『Revelations』の新作

Revelations 
?動き始める力? 【第十二話】


をご紹介させて頂きます。


※前回同様今回も最初からグロ表現がございます。
 個人的な感覚では前回よりもやや強めの表現かと。







射命丸文によってスレイヤーがバラバラにされ、
両足のみが残された現場に戻って来たジェダ達。

何者かにスレイヤーが殺されたものと考えた小町にジェダは
足が原形を留めている事から『吸血鬼は命が尽きれば灰になる』と語り、
スレイヤーの体の一部は大方交渉の道具に使用するために
持ち去られたと推測する。

そんな2人のやり取りを余所にナコ月はスレイヤーの足の切り口を見て
女性連盟襲撃時に紛失した自分の刀『怨獄丸』のものだと見抜き、
スレイヤーを襲撃したのが怨獄丸を使いこなせるようになった文だと確信。
しかし、使えば使うほど理性を失っていく怨獄丸の特性から
既に文には理性がなくなっているのではないかと思うのだった…。



狂気に染まり『今までの自分』から
どんどん離れ続ける射命丸。

個人的には予想斜め上の状況でした。
狂気に飲まれつつスレイヤー達への復讐を考えているのかも
しれないとは思っていましたが………(´;ω;`)

という事で今回は結構ダークでキツイお話…
と思いきやそんな事は以外にもあまり無かったぜ!

序盤の文のターンが終わると中盤は久々?の響とロックを中心とした
幕末サイドのお話。
そして後半はこちらも久々に前作の元きょ……もとい、
主役のあの人が宇宙最強(笑)と共に地球へ戻って来ます。

混沌とした状況が続く中その混沌の中で生きる者達は
それぞれ何を思いどう動くのか?

今度の展開から目が離せません。


余談ですがMUGENの中ではロックと楓が個人的にはお気に入り。
(……カップリングの話ではないですよ?)

ロックがお気に入りになったのはセルハラ訴訟がきっかけで
楓がお気に入りになったのはブロン子の人さんの『忙しい人?』。
どちらも過去(もちろんMUGENどころかADSLすらなかった頃)
アーケードで餓狼と月華をプレイした記憶はあるのですが
当時は殆ど気に留めていませんでした。

今思えばもしかすると東方のキャラの事を深く知ろうと
思うようになったのも『セルハラ訴訟』や手負いさんの『リュウが咲く!』、
バイオノイドさんの『便利屋のリーゼさん』あたりが切っ掛けのような気が。


ホント、MUGENを知った事で色々な変化が生まれたと思います。
もちろん良い意味で。

MUGEN | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。