12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【日記】 最近色々ありました(´・ω・`)

2013年01月13日
皆さんこんにちは夕璃です。
前回の更新から約11日振りの更新となり
更新を楽しみにされていた方々
(…が、いらっしゃるかどうか相変わらず判りませんが^^;)には
本当に申し訳なく思っております。


実は最近個人的によくない事が2つ起こってしまいまして

1つ目は外付けHDDが壊れてしまい画像・動画・音楽・
PCクリーニング系のソフトなど約100GBのデータが消失。
中には以前頂いたイラストや既に削除されているため再入手できない物、
昔描いていた自作イラストのデータなども消失してしまいました。
現在新しい外付けHDDを購入するか、中古の外付けHDDを購入するか、
それともPCを買い換えるまで外付けHDDを購入しないかの3案を検討中。
なにぶん約10年前くらいのPCですのでUSB2.0や3.0には
対応してないですし、そろそろPCの買い替えも考えませんと==;

そして2つ目は家族が凍結した路面で転倒し剥離骨折となってしまい
その家族がしてくれていた家事を回復するまで私が代行する事となりました。
掃除、洗濯、買い物などは大丈夫なのですが調理は流石に教えてもらわないと
殆ど出来ませんのでそのあたりが今後の問題点になりそうです。
回復まで冷食中心というわけにもいきませんし。


まあ、尤もこれが理由でブログの更新が滞ったわけではなく
単に私の自堕落が原因なのですけど(・ω・)ヾ


しばらくはいつもと違う生活スタイルになるとは思いますが
家事をしてくれていた家族の苦労と感謝を感じつつ頑張りたいと思います。
ただ、せめて大雪による長時間の除雪はもう勘弁して欲しいです。
自宅敷地内に雪の捨て場がもう殆ど無いですし長時間除雪作業した後の
買い物ってホント結構しんどいので……。orz

スポンサーサイト
日記・その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

【MUGEN】 Nの日常 70

2013年01月02日
皆さん明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
皆さんのご健康とご多幸をお祈りすると共に
本年もよろしくお願い致します。m(_ _)m


さて、2013年最初のブログですが
今年もこのブログではお馴染みのMUGENストーリー動画
『Nの日常』の新作

Nの日常 出来事その70話 剣鬼 

です。






ミヅキと秋葉達を追うため式・幻十郎と共に西日本へ無事入国した志貴。
道中、ミヅキ配下の羅刹丸や破沙羅との戦闘。
それぞれ目的があるアスラ、濤羅(タオロー)の2人が一行に加わりつつ
志貴達は濤羅が翡翠と琥珀らしき人物を見たという茶屋に向かう。

しかし、茶屋にいたのは茶屋を切り盛りする翡翠と琥珀…と
うり二つの少女「瑠璃」と「玻璃」だった。
茶屋での和やか?な一時の休憩を終えて再び先へ急ごうとする一行だが
瑠璃と玻璃は志貴達が『ミヅキ達に追い付いた際に起こるであろう事態』を推測し
志貴に地図を手渡して理由は言えないが当初の目的地から離れた
とある小さな町へ行って欲しいと懇願する。

2人の真剣な様子を察した志貴は快諾
(と、いつも通りしっかり無自覚のフラグを立てを)し、
一行は進路を変えて小さな町を目指して進むのだが……。



と、言う事でNの日常第70話の前半は茶屋でのひと時がメイン。
瑠璃と玻璃…いったい何者なんだ…(いやまあ、バレバレですがw)

そして中盤~後編では一転してシリアスメインに。
目的地へ向かう途中思いがけず出会った志貴がよく知る『あの鬼』。
更に町にたどり着いた一行を待ち受けていたミヅキの刺客との遭遇と戦いでは
アスラと濤羅の2人にとって大きな進展となります。


新たな仲間と敵の登場は一行の行く先にどの様な波乱を巻き起こすのか…?
ミヅキの目的と秋葉の真意とは…?
そして秋葉と志貴双方を案じる翡翠と琥珀の思いは…?

更なる思いは更なる混沌を呼び志貴達をその混沌の渦へと引きずりこむ。
果たして思いは叶い、届くのか?
Nの日常・鬼神降臨編、まだまだ混沌の奥底が見えてこない様子。
次回も非常に楽しみです(;`・ω・´)


それにしても式って女性なのにこの男だらけの一行の中にいても
全く浮いていませんよねぇ^^;
まあ、原作からしてあんな感じですけど(コクトーさん絡みを除くw)。

MUGEN | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。