04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【ニュース】 『小学生に喧嘩を売ってみた!』ってご存知ですか?

2012年05月24日
既にご存知の方も多いと思われます数日前からネット上で騒動になっている
『小学生に喧嘩を売ってみた!』の問題なのですが
現状地元教育委員会だけではなく警察も動いている様です。

ネットに児童を泣かせる動画投稿 
相模原市の中学生聴取、友人の笑い声も(産経新聞)


この件に関してご存じない方は是非下記サイトをご参照下さいませ。

YOUTUBEに小学生を泣かす動画を投稿した
DQNを潰そう @ ウィキ


更に一部の情報番組では新聞記事を紹介するコーナーにて
この事を報じた番組もあった様です。



なお、加害者である生徒が在籍している中学校ですが
現在公式HPが消されて閲覧できない様子。
まあHPにはこの問題とは関係ない生徒の顔が映っている写真なども
掲載されていましたから削除も仕方がないと事だと思います。
ただ、せめて謝罪文の掲載くらいはして欲しかったですね。


あくまで私の個人的な見解ですが確かに加害者やその家族までも特定し
個人情報を晒す事で社会的制裁を加えようとするのはやりすぎだと思います。
ですが、ここまでする一因には恐らく警察も役所も学校もマスコミも
アテにならないから自分達が…という思いがネット上にあるからではないでしょうか。
(義憤ではなく遊びや興味本位で行っている方もいるかもですが…。)

事実、小・中学校、高校のいじめや暴行傷害、犯罪行為もうやむやで
収束されてしまう事もあり過去には加害者が特に処罰を受けなかったり
学校側が事実上隠蔽を行ったといった事例もあったかと。
それにいつもは高校野球部員の不祥事(犯罪行為含む)とかは報道しない
TV局が今回の様に報道するのは稀だと思いますし。


何はともあれ犯罪と認識されるような行為の動画を投稿した事はもちろん
小さな子供を泣かせて面白がるという卑劣な行為は許せません。
ネット上では『まだ中学生だから』という意見を見かけますが
これが悪い事だというのは小学生でも判る事です。

ホント、この様な事件が起こる度に思うのですがどうしてこんな酷い事を
平気で出来るのか理解できませんし理解したくありませんね。
加害生徒達はこれを期に真人間に更正して欲しいと心から願います。

スポンサーサイト
日記・その他 | コメント(0) | トラックバック(1)

【動画】 藤子・F・不二雄 SF(スコシ・フシギ)短編

2012年05月23日
皆さんご無沙汰しておりました。夕璃です。(・ω・)ノ
一昨日金冠日食があったり昨日東京スカイツリーが開業しましたが
皆さん如何お過ごしだったでしょうか?……って前回更新したのが15日前ですか。
ブログの更新を楽しみにされている方本当にすみません。
ただ、持病が悪化したとかではありませんのでどうかご心配なくです。



さて、今日のブログは『まだ時期が早いよ!』と突っ込まれてしまいそうですが
少し怖いお話…と言うか動画のご紹介を。
尤も今回ご紹介させて頂きます動画は怪談ではなく

『藤子・F・不二雄 SF(スコシ・フシギ)短編』

の作品を動画化したシリーズを2作品。
(うん…まあ……著作権的に危ないかもですけど==;)


小学生の頃数冊読んだことがありますが怖い話や意味が判らないお話が多く
まだドラえもんやキテレツといった『コロコロコミック的な』作品しか知らない
当時の私にとって漠然とした恐怖や後味の悪さを覚えております。

大人になって改めて見て(読んで)みると怖さだけではなく
人の欲望・悪意・狂気・愚かさといった『黒さ』もあり、
考えさせられる点や驚かされる点も多く非常に面白いと思いました。

例えるなら『世にも奇妙な物語』的な怖さでしょうか。
…と、いう事で私個人の意見としては怖いのがダメな方や
トラウマを受けたくない方、そして15歳未満の方は
ご視聴を控えられた方が良いかもしれません^^;

あと、正直あらすじだけで8割がたネタバレしております==;


『ある日・・・』(1982年作)





自作8ミリ映画製作を趣味とする4人で結成された『みどりヶ丘シネサークル』。
そのメンバー4人が集まり初めて互いの作品を上映する映写会が行われる。
1人1人がそれぞれの自作映画を披露するが最後の1人は他の3人の作品を
つまらないと批評し自分が製作した『ある日……』というタイトルの作品を披露する。



『ヒョンヒョロ』(1971年作)





ある日、帰宅後に円盤に乗ったウサギから手紙を貰ったと
母親に話す小さな男の子・マーちゃん。
母親はこれまでもミドリ色の狼と会ったとか星を拾ったなど突拍子もない
話をしていたマーちゃんのウソだと決め付け叱る。
そんな母親をなだめた父親が見たその手紙の表紙には
『きょうはく状』と書かれており

『ヒョンヒョロをください くださらないと誘拐するてす マーちゃんどの』
(※『誘拐するてす』は誤字ではなく原文のままです)

という内容が記載されていた。
慌てた両親は警察を呼ぶが、警察は誘拐してから何かを要求するのではなく
誘拐前に要求し犯行を予告するという非常識な点や
宛名が誘拐しようとするマーちゃん宛てだった事から誰かのいたずらだと判断し
結局両親もいたずらに決まっていると納得する。

しかしマーちゃんの元へ手紙を渡した巨大なウサギのような宇宙人が突如出現。
『手紙は読んだか?(意訳)』と訪ねるもののマーちゃんに『ぼく字が読めない』と
言われたウサギは自分が書いた手紙を自分で読むのは恥ずかしいと言い
手紙を読んでもらうためマーちゃんと共にマーちゃんの父親の所へ赴く。



どちらの作品も前半コミカルなのですがその分終盤やラストの
インパクトは凄まじいものが………。

ちなみに個人的にトラウマが特に強かった作品は今回ご紹介した作品ではなく
『流血鬼』『ミノタウロスの皿』『カンビュセスの籤』の3作。
尤も全て読んだわけではないのでこれ以上に怖かったりトラウマになる
お話もあるかもしれません(´・ω・`;)

とは言え『老年期の終り』『みどりの守り神』など希望あるラストが描かれている
作品もありこのシリーズ全てがバッドエンドとか鬱エンドではありません。
興味をもたれた方は是非他の作品もご覧になられてみては如何でしょうか?^^

動画 | コメント(0) | トラックバック(1)

【猫】 今年初撫で?(=`・ω・´=)

2012年05月08日
今日のブログは簡単に。

今日の帰宅途中、立ち寄った地元イオンの近所のお宅に住んでいる
にゃんこさん4兄弟の末っ子さん(兄姉の3匹はみんな黒猫さん)と遭遇。
いつもは声をかけてもガン無視かゆっくりと逃げてしまう子なのですが
今日はよほど機嫌が良かったのか自ら近付いてきてすりすりと頭を擦り付けてくれた上に
なんと撫でさせて貰えました^^

ご機嫌?な末っ子さん

多分今回が今年初のにゃんこさん撫でだったかと。実に良い撫で応えですw
またこうして撫でさせてもらいたいものですが…実際は難しそうですね^^;

日記・猫 | コメント(0) | トラックバック(1)

【猫】 久々の桂さん(仮名)^^

2012年05月07日
今年のGWも昨日で終わりましたがその休み明けから
株式の方では大事になっている様子。

現状ではグリー、DeNAは元よりクルーズ(株)や(株)ドリコムなど
ソーシャルゲームを企画・運営している企業の株価もストップ安。
更にはアメーバピグを提供している(株)サイバーエージェント、
mixiを提供している(株)ミクシィ、ゲームの企画・運営をしている
コナミ、バンダイナムコホールディングス、ガンホーなども
ストップ安ではないものの大幅な株価下落となりました。

5日に報じられた消費者庁の発表やDeNAやグリーが
コンプガチャの代金を返金する?という情報が出た影響が理由らしいのですが
消費者庁が『検討はすると言ったが何も決まっていない。5日の報道は事実無根(意訳)』
というコメントを出しているという情報もありこの件に関する情報や事の真偽が定かではありません。


まあ、何れにせよ課金しなければゲームが成り立たないような企画運営をしている
企業側のあり方は法的云々を別にしても問題なのですが、
ユーザー側も安易に課金せず『ご利用は計画的に』の心構えが必要ですね。



閑話休題


今日の帰宅途中、久々にこちらのにゃんこさんとお会いしました。

1年ぶり?の桂さん(仮名)


昨年のブログでもご紹介させて頂きましたお寿司屋さんの看板猫の
桂さん(仮名)。
今回もごろごろと転がったりしておりとても可愛かったです^^
ただ、やはりお店の入り口に通じる風避室のドアが閉まっていたから
ごろごろと転がったり写真撮らせてくれたのですが==;
(恐らく僅かでもドアを開けると即お店の中へ逃げ出します)

何にせよ相変わらずとても可愛くお元気そうで何より。
是非またお会いしたいものですね。

日記・猫 | コメント(0) | トラックバック(2)

【MUGEN】 M&U-R 第16話 『マガ様が見てる』

2012年05月05日
さて、今日のブログはこちらの動画をご紹介。
先日も短編作品をご紹介させて頂きました
Rayさんの代表作『M&U-R』の新作

M&U-R 第16話 マガ様が見てる

です。






ある日の朝、『マ○ア様が見てる』を見ているユウコ、白夢、本気の3人と
作品に興味はあるものの今は朝食優先のゲミ。

途中から見始めたためイマイチどんな物語なのかピンと来ない本気を尻目に
すっかり作品にはまっているユウコと白夢。
そんな中起床したマガはユウコを学校に送り出すと共に
白夢に後で自分の部屋に来るよう伝える。

マガが治療中の間は元いた世界で得た貯蓄でマガの代わりに
ユウコの世話を行っていたものの、マガの復帰後は働かず日々を
安穏と過ごしてきた事を叱られるのではと思い自責の念にかられる白夢だが
マガからは思いもよらなかった事を願われ戸惑う…。



と、言う事で今回のM&U-Rは白夢メインのお話。
マガ復帰以降ニー…もとい、自宅警備員の様な白夢でしたが
マガの願いを受けて戸惑い悩みつつもマガ達のためにがんばり始めます。
一方、カリスマが壊れてきている方もいらっしゃったりw

白夢を奮い立たせたマガの願いとは……?
皆さんも是非白夢を応援しつつご覧下さいませ^^


そう言えば雷神さんはどうやって警察官になったのでしょうかね?
現実の警察官採用試験の受験条件は最低でも高卒(見込み)、
キャリアだと大卒が条件らしいのですが…?(・ω・;)

MUGEN | コメント(0) | トラックバック(1)

【MUGEN】 霊夢組組長鬼巫女伝説 前・後編

2012年05月03日
早いものでもうGW後半。
GW中に出来ればどこかへ行きたいな~…と考えておりましたが
どうやら市外へ行く事もなくGWが終わりそうな予感です。
当初は角館や弘前などへ行ってお花見したいなと思っていたのですけどねぇ。
むう。(´・ω・`)-3


さて、今日のブログはこちらの動画をご紹介。
当ブログでお馴染みMUGENストーリー『M&U-R』の製作者である
Rayさんが製作された短編作品

『霊夢組組長鬼巫女伝説』 前・後編

です。










母親であり『霊夢組』元組長の鬼巫女零から
新たな組長となり霊夢組を引き継ぐよう言われているものの
普通の高校生でいたいと願う普通の少女・鬼巫女。

そんな淡い願いも空しく待望の高校生活初日である
入学式から学校を休まされて組員への挨拶を強要された鬼巫女は
迎えに来た幹部の禍霊夢に連れられ怯えつつ霊夢組へ。
そこで鬼巫女は数々の組員(とうぜん全員霊夢系)と出会うのだが……。



と、言う事でRayさんの短編作品は鬼巫女が主人公のお話。

とは言えM&U-Rの設定とは大きく違い鬼巫女は普通の高校生活を夢見る少女。
M&U-Rの主人公であるマガさんは物静かでクールな鬼巫女のサポート役という
これまたM&U-Rとは違う性格となっております。


高校生と組長という2足の草鞋を履いて日々を送る事になった鬼巫女。
どちらの生活もトラブル満載の中鬼巫女は無事普通の高校生活と
威厳ある組長として極道人生を送る事が出来るのか!?(まあ無理)

M&U-Rと同じ登場人物ながら性格も設定も違う新鮮な物語。
皆さんも是非ご覧になられてみては如何でしょうか?w

MUGEN | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。